トップ

アトピーと離乳食

赤ちゃんの食事とアトピー

食物アレルギーとアトピーの関係

母乳や粉ミルクから離乳食へと移行する際に、気をつけなければならないのがアレルギーに関する事柄です。赤ちゃんは抵抗力が弱いことから、特に食物アレルギーに関しては過敏に反応しやすいと言えます。

さらに、アトピー体質を持っている赤ちゃんは、食物アレルギーを起こしやすい傾向にあることも広く知られています。赤ちゃんのアトピーにお悩みならこちら。

本来、アトピーとアレルギーは別個の症状ではありますが、身体が異物に対して反応してしまうという意味においては同じことであり、異物に対して身体が反応しやすいアトピー体質の赤ちゃんは、アレルギー反応も起こしやすいということが言えるのです。ですから、アトピー体質を持っている赤ちゃんの離乳食に対しては、より細心の注意を払って選択をしなければなりません。

また逆に、食物アレルギーがアトピーの症状を引き起こしてしまうこともあります。食べ物に肌が反応してしまった結果、アトピー性皮膚炎などの症状を起こしてしまうことがあるのです。ですから、やはりこの二つの症状は切り離すことができないものだと言えるでしょう。

赤ちゃんがアレルギー反応を持っているか否かを見極めるためには、負荷試験と呼ばれる方法で検査を行うとより確実に判断することができます。負荷試験とは、食物アレルギーが疑われる食品を実際に食べてみて、反応を観察するというものであり、反応が出るか出ないかによって誰でも判断することができるものとなっています。

また、食物アレルギーがあるからと言って、必ずアトピーの症状があるというわけではありませんので、こちらも注意しておきましょう。食物アレルギー単体、アトピー単体の体質を持っている赤ちゃんもたくさん居ますので、アトピーとアレルギーを混同してしまうのは避けておきたいところです。